犬

負担を減らそう

求められるコンプライアンス

犬

ペットは家族そのものであり、病気やケガをすればできる限りのことをしてあげたいと思うのは飼い主の共通の想いでもあります。しかし人間のように健康保険などがあるわけではなく、治療費等は全額負担となり、家計を大きく圧迫します。特に病気やケガは突然起こることも多く、急な出費に困惑する方もいらっしゃるでしょう。そんな人たちのためにペット保険というものが存在します。 ペット保険はその需要の増加とともに、多くの会社が参入してきました。ところが、しっかりと顧客のためにサービスをおこなうところもある一方、内容がわかりにくいことや、支払い能力の点に疑問が残るなど、さまざまな問題があるのもたしかです。今後はペット保険業界にも、さらなるコンプライアンスが求められるでしょう。

ペット保険会社を見極めよう

ペット保険は取り扱う会社によって内容がかなり違っています。私たち人間の保険ならある程度横並びですが、ペット保険に関しては自己負担率、加入条件、対称となる症状、特約など、他社との差別化を図るために違いを明確にしています。選ぶにあたっては、自分のペットの状況などを加味しなくてはなりませんが、よくよく吟味しないと「聞いていたことと違う」ということにもなりかねません。 プランもさまざまなものがあり、病気に罹りやすい小型犬であれば、高めの月額設定で自己負担を減らしたほうがいいですし、寿命の長い犬種なら終身の保険に入っておけばお得でしょう。 最近ではペット保険加入者に手帳のようなものを配り、それを病院に提示するだけで保険が適用されるような便利なものもあります。

Copyright©2015 ペット保険加入で安心~大切なペットに確かな医療~ All Rights Reserved.